« 里山保全に係る法制等 | トップページ | リンク(自然観察) »

図書紹介    

岩波ジュニア新書『さとやま』(1106)同『農は過去と未来をつなぐ』(1008)

虫と遊ぶ12か月.mht 

『里山資本主義』.pdf 

『日本と中国―相互誤解の構造』<日本人の感性は「自然融合感」と表現できる、との記述あり> 

◎「里」という思想(内山節/ 新潮選書/1155円) 映像での紹介  新聞書評欄から    

風の事典(関口武/原書房/15291円)

◎農家の嫁の事件簿 こちら北国、山の中(三上亜希子/小学館/1260円)<人気の高いブログ「農家の嫁の事件簿」の単行本です。>

中村敦夫 ごみを喰う男(徳間書店/0701/1785円)

« 里山保全に係る法制等 | トップページ | リンク(自然観察) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093939/30190997

この記事へのトラックバック一覧です: 図書紹介    :

« 里山保全に係る法制等 | トップページ | リンク(自然観察) »