« 里山とは | トップページ | 生物多様性 »

学研高山地区=奈良高山里山 位置図Ⅳ.

位置図Ⅰ.pdf  位置図Ⅱ.pdf  位置図Ⅲ.jpg  G_taka 位置図Ⅳ.gif(クリックで拡大)

【2】概略 02(H14)年2月現在の記述> 

(1)京都・大阪・奈良3府県にまたがって京阪奈丘陵が広がっている。ここに、関西文化学術研究都市(学研都市)<約3300ha/計画人口38万人>の建設が進められている。学研都市は12のクラスター(地区)からなり、その1つが、茶筅で知られる生駒市高山町とその隣町にまたがる高山地区である。

(2)高山地区は第1工区(45ha)と第2工区(288ha)に分けられており、前者はすでに開発(用地造成)が終わって奈良先端科学技術大学院大学等3つの研究施設が設置されており、後者の第2工区が、奈良県・生駒市・都市基盤整備公団による開発の予定地である。

(3)第2工区は、標高110~250mで、ほとんどが丘陵地で河川沿いに平地(谷底平野)が分布する。樹木の大部分は二次林(クヌギ-コナラ群落・アカマツ-モチツツジ群落)が占め、山間には谷津田が広がり、二次草原も見られる。ため池が散在し、平地は田畑として利用されている。このように、第2工区では典型的な里山の景観がのどかに広がっている。

京阪奈丘陵の保全と学研都市計画.pdf <『都市と自然』293(2000年8月)号より>

奈良高山里山研究会

« 里山とは | トップページ | 生物多様性 »