« 学研高山地区=奈良高山里山 位置図Ⅳ. | トップページ | あいな里山公園        »

生物多様性

(☆)生駒市の生物多様性の保全と持続可能な利用

(11)森本幸裕氏の論説

(10)ABINC(一般社団法人いきもの共生事業推進協議会)JBIB(企業と生物多様性イニシアティブ

(9)生物多様性に優れた自治体ランキング都市の生物多様性指標(簡易版)に基づいて評価分析したもの。

(8)自然と共存し、生物多様性を守る日本人の心と生き方の価値の再発見を!.pdf

(7)遷移誘導型管理による生物多様性の保全策

(6)環境省の生物多様性のページ

(5)地方自治体の努力 地方公共団体と特に関連ある法令等.pdf

 <5>奈良県埼玉県   生物多様性に富む都市は….pdf

 <4>里山保全基本計画の事例

    枚方市里山保全基本計画にいつ丘陵里山保全活用基本計画(1,000ha)/八千代市谷津・里山保全計画

 <3>里地里山の保全等の生物多様性の保全と持続可能な利用に関わる条例

  ②厚木市嵐山町東近江市高知市茅野市相模原市都留市岐阜市春日井市札幌市鯖江市都留市所沢市七城町美作市産山村鴨川市交野市/(つくば市

  ①里山保全の方向性と法の仕組み(高知市・茅野市・東近江市・札幌市・交野市・池田市の事例記載)

 <2>地域連携保全活動計画 生物多様性地域連携促進法に基づく地域連携保全活動基本方針に基づく

  ②地域連携保全活動計画の作成事例

  ①地域連携保全活動計画作成の手引き

 <1>生物多様性地域戦略 生物多様性基本法に基づく

  ②地域戦略策定済み地方公共団体の情報等

  ①生物多様性地域戦略策定の手引き

基本法令等

  ④地域連携保全活動基本方針 生物多様性地域連携促進法に基づいて環境・農林水産・国土交通の3大臣からなる主務大臣が定めた

  ③生物多様性地域連携促進法生物多様性地域連携促進法<10(H22).12 制定> 生物多様性基本法生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」 の合意に基づく

  ②生物多様性国家戦略生物多様性国家戦略(旧情報) 生物の多様性に関する条約生物多様性基本法に基づく

  ①生物多様性基本法<08(H20).6 制定>/PDF版・/解説

     第二十七条「地方公共団体は、前節に定める国の施策に準じた施策及びその他のその地方公共団体の区域の自然的社会的条件に応じた生物の多様性の保全及び持続可能な利用に関する施策を、これらの総合的かつ計画的な推進を図りつつ実施するものとする。」

生物多様性条約

  ①国内では、条約上の義務を履行するため、行政上または政策上の措置を講じている。95(H7)年に生物多様性国家戦略を策定、02(H14)年3月には、里山干潟などを含めた国土全体の生物多様性の保全、自然再生の推進、多様な主体の参加と連携などの内容を盛り込んだ改訂を行った。

  ②締結国の会議を生物多様性条約締約国会議(Conference of the Parties/COP)といい、94(H6)年11月以来、ほぼ2年ごとに開催されている。

     生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)

  ③加盟国は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とする国家戦略または国家計画の作成・実行をする義務を負う。

  ④日本は92(H4).6.13に署名、93(H5).5.28に締結。

)生物多様性オフセット

 ⑤環境影響評価における生物多様性オフセット」にかかる課題と対応の方向性

 ④生物多様性オフセット

 ③オフセット制度 千葉で実験.pdf

 ②生物多様性オフセットについて.pdf (環境影響評価法に基づく基本的事項等に関する技術検討委員会第6回<11(H23).11.14>配布資料)

 ①Wikipedia

)資料

 ③生物多様性問題の展開と方向性

 ②経団連生物多様性宣言

 ①生物多様性は、もともとは「生物学的多様性」つまりバイオロジカル・ダイヴァーシティという術語だったのを「ロジカル」つまり「論理的」「学問的」という部分を取り去って作られた用語である。それは「保全」問題だからで、お金や利害に直接関係する社会的な問題を含み、それならまさに政治になってしまうためである。書評「生物多様性を考える(池田清彦著)養老孟司評(毎日新聞/12.4.22)」より.pdf 

« 学研高山地区=奈良高山里山 位置図Ⅳ. | トップページ | あいな里山公園        »